FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はニートになる人の定義に着目しました。
こちらのサイトさんの「なぜニートになるのか」という所に共感しました。

ひきこもり・ニートからの脱出

ニートの多くは学卒無業者か、早期退職者だそうです。
今回は「学卒無業者」について話します。
学卒無業者はいわば大学卒業して就職先が決まらずに、無職という状態になった人々。
私もそうでした。まぁ私が就職に就けることはまず予想していませんでしたが。

マジメで大人しい人は今の時代生き難い、確かにそうですね。
大人しい人よりもマジメな人、ですね。要領が悪く、何事もマジメに捉えて繊細なタイプ。
ちゃらちゃら出来ない、頭が固い、人の気持ちに敏感過ぎ、すぐ不安になる、噂や外部の情報に左右されやすい、人の冗談も真に受ける。

今の時代、企業側としてはコミュニケーション能力と責任感が重大されるから、要領の悪い人は意外と見抜かれて内定はもらえない訳です。
確かに私の学科でも、明朗快活でリーダーシップのとれる「肉食系女子」と呼ばれそうな学生は早くから内定をもらっていました。このタイプは自信があって話が上手ですからね。
不真面目でちゃらんぽらんしているのに、行動力だけは高く、学生時代に結構大きいことを成し遂げていた人も多いでしょう。

一方でマジメな学生は就活の準備もきちんとする、遊ばずに勉強ばかりする、

うちの両親も言ってました「マジメな人間が損をする時代」

私はこれだけは事実だと思っています。
鬱病、ニート、引きこもり、全てほとんどが「マジメ」「要領が悪い」「人づきあいが苦手」な人だと思っています。

ASではあるものの、面接が人一倍苦手な訳ではありません。
でも自己PRは好きではありません。少ない自分のいいところを自信ありそうなふりをして答えねばならない。
内容も感情も嘘なのに。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://samantha84.blog129.fc2.com/tb.php/19-597d20dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。