FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アスペルガー症候群は知的障害のない自閉症とも言われている。
これは環境とかトラウマが原因ではなく、生まれつきの脳の障害である。
つまり、親のせいでも何でもない。
尚、アスペルガー症候群(以下AS)には主に3つの障害がある。
今回は最も有名(?)なコミュニケーションの障害について語る。

<コミュニケーション>
①冗談が理解できず、真に受けることが多い
②人の表情・仕草・動作から心を読むことが難しい
③人にはない感性をもっている
④関心のある分野は相手に関係なく延々と話す


<解説>
①相手の言う事が冗談であるか、本気であるかの区別がつかないことが多い。
相手は冗談で言ったのにそれを本気で言ったものだと思い込む。

②人が話すことの意味が理解出来ない。一般人は、相手の表情などで人がどう思っているか、がほぼ読める。
ASは顔や身振りだけでは全く分からない。
相手が言葉に出して初めて「困っている」「イライラしている」などが分かる。

③は敏感だともとれるが、他より優れている部分。特定のものに強い興味を持つため、。人にない独特の感性を持っている。

④自分が話したい時は相手は聞きたいものだと思い、忙しそうだろうとお構いなしに話しかけてくる。

そして私は高校の時に相手が話している間を割って、自分の話をすることを皆に驚かれた。
その人たちが別の話題で会話をしているのだから、「今は自分の話をする場ではない」というのが分からずに一方的だったのである。

さらに私は、大学時代は日本史が好きで友達によくその話をしていた。
このことはのちに話すとして、
今はさすがにそれはないが、友達がよく嫌にならなかったよね…と我ながら思う。

相手の言葉の裏が読めないことも多い。
これもASの特徴で、きちんと言葉でこうなんだと説明を受けないと理解出来ない。
当然、知能は高いので理解しようとはしている。状況が読めないだけなのだ。

※研究不足ですみません(口調変化)。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://samantha84.blog129.fc2.com/tb.php/5-6dbbfea6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。